平成30年度 かごしま“教育の情報化”フォーラム

2020年1月21日

かごしま“教育の情報化”フォーラムの企業展示に参加しました。

鹿児島県教育委員会主催の「平成30年度 かごしま“教育の情報化”フォーラム — Society 5.0 における授業をデザインする1Day プログラム -」の企業展示に参加しました。

(2020年 1月29日(水) 10:30~16:40 「かごしま県民交流センター 県民ホール」で開催)

小・中学校、義務教育学校、高等学校、特別支援学校の教職員、教育関係者、教員を志望する大学生、保護者、一般県民等多くの参加者で賑わっていて、小学5、6年生と中学1年生に1人1台端末を優先的に整備する経費2318億円を盛り込んだ今年度補正予算案が1月30日、参院本会議で可決・成立したことでいよいよGIGA(Global and Innovation Gateway for All)スクール構想が本格的に動き出した感があります。

全国的に見てもコンピュータ整備率で、先頭集団を走る鹿児島市(3.7人/1台)で開催されるからこそ、教育関係者、企業関係者共に熱が入るのだと思います。

企業の展示ブースも、Microsoftさん、Googleさん始め多くの大手企業が名を連ねる中で、弊社も日本HPさんが今年から売り出すChromeBookを推しつつ、Google for Educationの実演とともにブースを構えました。もちろん、現在も多くの学校でご使用中のScreenBeamの展示も忘れてはいません。

弊社ブースの様子

大盛況のうちに終わったかごしまフォーラムですが、終わった後は飛行機の時間があるので、バタバタとせわしなく後片付けをして逃げ出すように会場を後にしました。

展示関係で終始忙しく動かれていた、鹿児島県総合教育センター情報教育研修課の木田先生に挨拶する事もできず申し訳ありませんでした。。

バタバタ後片付けして急いで飛行機に乗ったフォーラム当日ですが、前日は、展示ブースの準備が終わった後に天文館周辺を散策できました。関東で言えば川崎駅周辺か。。と思うような客引きがズラリと並んだ通りを抜け、天文館公園に着くと、公園全体がライトアップされていて、家族連れやカップルなど多くの人で賑わっていました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です